ダイオキシン類及び臭気指数調査

排出量調査結果

有害物質であるダイオキシンなどの排出量の測定を実施しました

KHY-1300型の火葬炉
火葬炉の性能測定のため、大手鑑定機関の「帝人エコ・サイエンス」社に依頼し、有害物質であるダイオキシンなどの排出量の測定を実施しました。測定項目は12項目で、ダイオキシンのみならず人体に有害と思われる有毒物質について徹底的な測定を行いました。 測定は客観的な判断ができるようJISあるいは環境庁の基準による分析方法で行っています。 結果は、ダイオキシンで基準値の1000分の1以下、ばいじんは測定可能な範囲より少ないなど、全てのデータで安全性が確認できました。
エコ・サイエンス社の報告書の写真 ばいじん濃度基準値の100分の3以下 ダイオキシン類 毒性等量基準値の1000分の1以下
クリックすると拡大して見れます

有害物質であるダイオキシンなどの排出量の測定を実施しました

※各書類の画像をクリックすると拡大してご覧になれます。